<< 海老とバジル、レモンナンプラー炒め もやしレパートリー! >>

鯛ごはん!  〜富山湾のこと〜

20㎝くらいの、小さいけれど鮮度の良い、富山湾にあがった鯛が手に入りました(^o^)
目が黒々と光っていて、身がぱつーんと締まっていて、
目の上の青紫のアイシャドーが美しく、ボディーも青いラメがキラキラして美味しそう!

小さいしね、キトキトすぎて、おろすのは難しそうだから、
余さず旨味をいただける『鯛ご飯』に決定です(^0^)♪美味しかったー!!

b0182853_1625444.jpgb0182853_15521156.jpg
b0182853_1552742.jpgb0182853_1552562.jpg
b0182853_1552144.jpgb0182853_15515148.jpg



鱗とはらわたをとって、塩して30分ほど置き、熱湯をお腹の中にかけ、
酒、醤油、昆布、ひとかけらの生姜を入れて炊く。
土鍋で炊く時は、沸騰するまで強火、沸騰したら弱火で15分。火を止め15分蒸らす。
炊きあがったら骨を外し、身をほぐし、たっぷりの小葱と大葉を混ぜて、いただきます♪


気のせいか・・・
おろす前は普通の顔、おろした後は・・・コッチを睨んでいるような・・・アングルの問題!?

b0182853_16191372.jpgb0182853_1619281.jpgb0182853_1619756.jpg



ふっ、睨んだって怖くないわよ、鯛くん。
もともと、『お魚さんがコッチ見てる〜、こわ〜い」』とかいうタイプではないのですが、
あの日以来、ますます怖いものはありません(^ー^)V美味しそうにしか見えない♪

ちなみに、この鯛、一尾250円。秋刀魚より安かった。コストパフォーマンス◎◎◎!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
富山湾について調べてみました。

富山湾は少し変わった特徴があると、先日BSでの特集を見ました。
太古の昔は湖だったことが功を奏しているとか。ちょっと調べてみました。
湖だったかどうかは調べられませんでしたが、興味深い色々がわかりました。

○沿岸水域は、外海に向かって大きく開いた、外海沿岸水との海水交換のよい開放的水域である。
○地形は特徴的で、沿岸に は浅瀬が殆ど無く、急勾配で海底へ落ち込んでいる。
○湾の大部分は水深300メートル以上で最深部は1,000メートルを超える。
○黒部川下流域の富山湾海底は、世界でも有数の水量を誇る海底湧水群があり、
 魚介類に豊富な淡水系ミネラルを与えている。
○水深300 メートル以上ではミネラル成分と酸素を多量に含む日本海固有水(海洋深層水)が
 無尽蔵にある。
○黒部川の名水は富山湾の豊富な魚介類を育む源の一つ。
○山の栄養分が流れ込む富山湾は日本国内でも有数の漁場となる。
○能登半島沖からは暖流である対馬海流が、北の海域からは冷たい寒流が 富山湾内でぶつかり合う。
 起伏が激しい海底、複雑にぶつかり合う海流、ミネラルを含んだ清水により富山湾には魚のエサと なるプランクトンが 多く発生し、絶好の漁場となる。


なるほど〜、だから鱒のような大き魚から白海老みたいなのまで獲れるのね〜。すごい海だ〜。
蟹は、どうやら福井県と新潟県が美味しいらしい。今年はそっちも行ってみたいなー♪

寒くなってくると魚が本当に楽しみ(^ー^)
[PR]
by bellavista777 | 2010-09-01 16:54 | 美味しいもの
<< 海老とバジル、レモンナンプラー炒め もやしレパートリー! >>